保険金に関する疑問特集:支払い&不満

空-虹保険金の支払額に対する不満や支払われなかったことに対する不満の具体例を紹介します。まず保険金の額については、被害者が思っている金額が支払われないことがあります。これは、過去の裁判例をベースに損害賠償は行われますが、世間一般の人には過去の裁判例を知る由もなく、加害者側の保険会社がいくら裁判例と説明を行っても被害者が納得しないということになります。例えば、自動車を壊した場合、基本的には修理費が支払われますが、修理費が自動車の市場価格を超えてしまった場合は市場価格が賠償の限度になります。被害者が修理費を要求しても保険会社は支払ってくれません。また、事故の状況によって被害者に過失がある場合は、その過失分が損害賠償額から差し引かれます。これも過去の判例や道路交通法等をベースに判断されますが、被害者、特に体を痛めた被害者にはなかなか納得し難いことが多々あります。次に保険金自体が全く支払われないケース、これは約款で規定されている保険の支払えない事由に該当する場合に、納得しないということがよく発生します。例えば身内間の事故だと保険金が支払われない場合や、特約で支払事由を限定されている場合等があります。