被害者・保険加入者と情報提供について

自賠責保険は、公道を走るすべての自動車や原付などの車両が加入することが法律上の義務となっている保険で、交通事故によって死亡やケガなどの深刻な被害をこうむった場合に、確実にその損害が賠償されるようなセーフティーネットとしての役割を果たしているものです。
この自賠責保険では、事故にともなう保険金の請求があり、保険会社で必要な調査を行った結果として、保険金が支払われる場合、支払われない場合の両方について、請求をした被害者または保険加入者に対して、保険会社から書面をもって情報提供をしなければならないという決まりが設けられており、保険の運営についての透明性が確保されるようになっています。
具体的に情報提供がなされることがらとしては、支払基準や手続きのあらまし、支払われる保険金の金額、後遺障害がある場合はその程度が何級に該当するかとその判断理由、保険金などの決定に不満がある場合の異議申立の手続き、重大な過失などによって保険金が減額される場合の減額率とその理由、保険金が支払われない場合の理由などが該当します。
こうした詳細を記載している書面によってもさらに保険金の金額その他に不明な点がある場合には、保険会社に追加で情報提供を求めることもできます。

コメントは受け付けていません。