医療保険金の詳細解説

医療保険金というのは、契約中の自動車に乗っていた人が、事故によってケガまたは死亡といった被害を負った場合について、所定の保険金が支払われることを内容とする、人身傷害保険において定められている保険金の類型のひとつです。
この保険金は、通常は定額払いといって、病院で治療・入院をした際にかかった費用そのままの金額ではなく、あらかじめ約款などで定められた一定の金額が支払われることになっています。
その支払い方法にも類型があり、一般的なのが部位・症状別で、ケガをした身体の部位やケガの症状を記した一覧表に被害をあてはめて、定められた金額が保険金として支払われるというものです。例えば、身体の部位が「手足」であって、症状が「捻挫」であれば、表にあてはめて一律5万円、部位が同じでも症状が「骨折」であれば一律10万円、といった算定方法となります。
実際の被害額とは齟齬が出る可能性もありますが、何よりも被害額を算定するのに複雑な計算が必要ありませんので、迅速に保険金が下りるというメリットがあります。
そのほかの類型としては、日数払いがあり、これは入院・通院をした日数に応じて、1日あたりで計算した保険金が支払われるというもので、同様に計算方法はごくシンプルなものです。

コメントは受け付けていません。