後遺障害保険金の詳細

後遺障害保険金が支払われるのは、搭乗者傷害保険、自賠責保険、対人賠償保険等があります。いずれも後遺障害の等級をまず定めて、後遺障害の等級によって支払保険金を算定します。後遺障害等級は1級から14級まであり、1級が最も重い後遺障害になります。搭乗者傷害保険は、等級ごとに契約の保険金額の何%と支払額が定められています。搭乗者傷害保険は、相手方からの賠償や他の傷害保険等とは別枠で支払われます。保険会社によっては特約に加入していなければ支払い対象にならない場合があります。自賠責保険も等級によって支払われる金額が政令によって定められています。1級で3000万か4000万、10級で461万、14級で224万といった内容です。高齢者の場合は、この金額よりも少なくなる場合があります。対人賠償保険は、自賠責保険の後遺障害等級によって支払額を計算します。内訳としては、慰謝料と後遺障害により労働が制限され、将来の収入額の減少分をカバーする逸失利益が主なものになります。重度後遺障害の場合は、生涯にわたって看護が必要となる場合があり、将来の看護料も支払い対象になります。対人賠償保険は定額ではなく実際に発生した損害額が支払われます。

コメントは受け付けていません。