支払われないケースの対処方法

自動車保険は、保険会社が多くの加入者から保険料を集め、それを運用して増やし、加入者などにもしものことがあった場合にそのなかから保険金を支払うという、公共的な役割をもつしくみです。特に、被害者保護の観点からすべての自動車などに法律で加入が義務付けられている自賠責保険ではなおさら公共性が高くなるといえます。
そこで、自賠責保険では、もし保険会社が保険金を支払わないような場合には、異議申立てなどのいくつかのルールがあらかじめ定められており、運営の透明性が保たれるように配慮されています。
まず、損害保険会社による情報提供制度ですが、損害保険会社は、自賠責保険金の支払いについて、請求者に対してその内容の詳細を書面によって交付するように義務付けられています。保険金が支払われないケースでは、この書面によって、その支払われない理由が示されることになりますし、さらに追加で情報がほしい場合には、その情報を開示するよう請求することも可能です。
次に、異議申立制度ですが、保険金の金額に不満がある場合は、損害保険会社に対して異議申立を行い、決定を再考するように求めることができます。
さらに、第三者による紛争処理制度ですが、請求者と損害保険会社との間で紛争が起こった場合、裁判よりも迅速な手続きで救済が図られるよう、第三者機関に調停などを依頼することができるようになっています。

コメントは受け付けていません。